BLACK&WHITE:R2

武士ロードから発売中の『ヴァイスシュヴァルツ』をメインにいろいろする、【緑川】&【島林】の2人のブログです。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【島林】小川・神木禁止

さて、今回はちと真面目なので水無瀬はおいときます。

来月からの禁止カードに小川と神木が追加され、シエスタが帰ってきます。
理由はいつもの武士裁定ですが、個人的には1ターンの制限時間を明確にしとけば大体解決したんじゃないかなぁとは思います。

いくらヴァイスが『初心者』に優しいTCGをうたっていても、カードゲームとして出来ることを狭めるのは如何なものかと。
禁止カードのどちらもコンボ、コンセプトのキーカードですが両方潰す意味が薄いなぁと思ったり。

以下個別

小川で遊ぼう
皆様ご存知のある意味強力イベントですね。
小川虚無で猛威を振るったりもしてます。
が、ぶっちゃけ何をするか決めて使うならそこまで時間を使うカードでもないですし、限界まで積んでも八枚(小川+虚無)ですからそんなにデッキの形が固定されるカードでもないです。
身内にも小川ギミックを使っている人間はいますが全員違うデッキですしね。


次に神木ですが、これは疑問符しか浮かびません。
第一に、いくら手軽にハンデスが出来ると言ってもプレイに1コストが必要な上に通常ならば一枚一回使えたらいい方な効果である点。
第二に、全ハンデスは先の小川を用いなければ、まず不可能な点。
と言ったところでしょうか。

しかし、今回の大会で神木ハンデスが優勝したから禁止にしたとしか思えないラインナップなんですよね。
1カードゲームプレイヤーとしてはハンデスの鬱陶しさはわかるつもりですが、そういうデッキと対戦するのも楽しいと思えるのがやっぱりカードゲームだと思うんですね。

以前、遊戯王をやっていた頃にワールドロックをされたことがありますが、それも一つのデッキの形なんだから、そこから勝ちに繋げる道を探すから強くなっていけるものだと思います。
どんなに絶望的な状況でもうまく行けばドロー一枚でなんとかなるのが構築したデッキでするカードゲームです。
ソリティアと呼ばれようがそれがそのデッキの勝ち筋ならそれは尊重されて然るべきものだと自分は考えております。

まぁ、ここでウダウダ言っても裁定は覆らないんですが。
総じて今回の禁止に関しては理解は出来るが納得はできないと言ったところでしょうか。
まぁ、自分はどちらも使ってないのでデッキには全く影響がないから気楽に言えてるのかもしれませんがね。



とまぁ長々とお付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト

| ヴァイスシュヴァルツ | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blackwhiter2.blog104.fc2.com/tb.php/80-5eea2956

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。